読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春夏秋冬の旬な「オススメ」を紹介していくブログ

春夏秋冬、一年中イベントだらけです。このブログでは旬な情報を発信し、春夏秋冬を楽しんで頂くためのブログです(*^^)

宇宙兄弟 名言 ⑪

宇宙兄弟の名言って本当にたくさんありますね。正直この名言集も⓾くらい投稿できたらいいかなくらいの気持ちだったのですが、まだまだ続きそうです。
さて今回の名言は、16巻でのNEEMO訓練中にムッタがケンジに言った一言です。


「先のこと考えるのやめたんだ わかってたけど・・・ 大事なのは結局・・・ ”今”だ」というセリフです。


月に行けるのは自分かケンジのどちらかで、目に見える功績を審査官たちに残さないとというプレッシャーや、競争心から我を失い、集中力を欠くムッタと、急によそよそしくなるケンジ。

それもそのはず。自分が目指しているものがもう手の届く距離にあるのに、選ばれるのは自分か相手という状況なら、だれでもムッタやケンジのようになりますよね。

でも結局、じゃあどうしたらいいかと考えたところでその決定は覆らないんだし、考えるだけ無駄だということですね。それなら目の前のことに集中して、成果を上げることに専念しようということ。もしくは考えないようにしようということですね。

何かを行うにあたって、先のことを考えることはとても重要ですよね、基本的には。でも、いくら考えてもどうしようもないことは考えるだけ時間の無駄なんですよね。具体的には、不安とか懸念とかがその最たるものかな?なにかしらのアクシデントが起こったとしたら、これが上司にばれたらどうしよう。どんな処分を下されるんだろう。とか。過去のことで言うならば後悔なんかも含まれるでしょうかね。あの時こうしてればよかったのにとか、こうだったらよかったのにとか。考えるだけ時間の無駄ですね。まあ、分かっててもなかなかそれが出来ないからこその名言なんですけどね(笑)


わたしなんかは、よくずるずる後悔を長引かせることがあるんです。あの時こう答えればよかったなとか、こうしてたらよかったのになとか、なんであんなことしてしまったんだろうとか。よく、反省はしてもいいが後悔はするななんて言いますよね。もしくは未来のことで言えば、捕らぬ狸の皮算用なんて言葉もありますし、いくら未来のことを考えても行動しなきゃ何も変わらないですしね、良い意味でも悪い意味でも。


そんな、過去への後悔や、未来への不安や懸念なんかをいくら考えてもしょうがないよ。結局今の自分が未来の自分を型作るんだというニュアンスをぎゅっと凝縮したような名言ですね。これからもどんどん宇宙兄弟の名言を書いていきますので、心にぐっとくる言葉があれば、是非自分の人生の糧にされて下さい。

 

 

宇宙兄弟 コミック 1-28巻セット (モーニング KC)

宇宙兄弟 コミック 1-28巻セット (モーニング KC)

 

 

 

 

宇宙兄弟 名言 ⑩

いよいよ宇宙兄弟名言集も充実してきました。ついにナンバー⓾です。

今回は、14巻でムッタが月面バギーの開発・改良を手伝っている時に技術者のみんなに言う言葉。


「新しいもの作ろうって話なんだ。最初はなんだって「仮説」だろ」

 

というセリフ。

 

う~ん。ムッタらしいですね。

世間一般では、たらればを言う人は、

たいてい煙たがられたり、非難されたり、言い訳するななんて言われますよね。

 

まあ言い訳の時のたらればは確かに見苦しいですけど。

こうしたらこうなるだろうから、これは無駄だなとか、

要は決めつけてしまうことで、可能性を大幅に狭めてしまうってことです。

 

人間不思議な物で、自分が一度こうだと決めつけたり考え込んでしまうと、

すなわち思い込んでしまうと中々自分では抜け出せないんですよね。

視野が極端に狭まるというか。選択肢を勝手に少なくしてしまうんですね。

だからこそ、思い悩んだ時は自分を客観的に見て、ん?なんでこんなことで悩んでるんだ?そもそも他に解決方法はないのか?なんて考えたりすることが重要なんですね。

 

ちょうどこの間あったのが、カタログにこの商品はこのサイズしかないのかなと思ってて、一応探してみたけど心の中では、いや~、やっぱないんだろうな。

なんて考えてまして。でも、先輩から、いや、ちゃんとあるよ?と言われて、探しまくったらあったんです。

やはり思い込みの力ってすごいんですね。初めから無いと思って探しても見つからず、あると思って探せばすぐ見つかる。う~ん。人間って不思議ですね~。

 


そういえば私は昔から、諦めの早い人間で、

あとすぐ飽きたり投げ出したりする性格でした。

困難な壁にぶち当たる度に、どうせ自分は・・・とか、

やっても無駄だろ・・・。なんて感じで、

嫌なことからは逃げてばかりの人間でした。

 

 

今考えると、その度に「この壁を乗り越えたらこうなるかも」とか、

もしこうしたらどうなるんだとか、

そういう考えを持つことが出来ていれば、

今よりだいぶましな大人になれていたかもしれないのにな~なんて、

宇宙兄弟を読んでこの名言を読み返す度に思います。

 

 

なのでこれからはこの言葉を逐一思い出し、成長していけたらなと思います。

まずは、今の会社の現状を変えるために、ちょっと行動してみようと思います。

こうしたらどうなるか、仮説ではおそらくこうなるだろうなと思っているんですが、実際にどうなるのかちょっと楽しみです。

私の仮説通りにいってくれればいいなという気持ちと、反対にこうなってくれればいいかもという気持ちが半分ずつかな。

 

さ~て、明日も頑張るかな。

 

 

 

宇宙兄弟 名言 ⑨

今回の名言は、コミックス5巻のムッタの回想シーンで、シャロンがムッタに言ったセリフです。

「迷った時はね 「どっちが正しいか」なんて考えちゃだめよ 日が暮れちゃうわ 「どっちが楽しいか」で決めなさい

 

というセリフなのですが、私が何度このセリフに救われたことか。

何度このセリフを思い出して決断したことか。

 

 

 

私は色々と、考え込んでしまう性格で、ちょっとしたことでも引きずって悩んで考え込んでしまうので、それこそ迷った時は日が暮れちゃいます。それか寝ちゃいます(笑)

 

考えて考えて、考え抜いても結局どっちを選べばいいのか分からないこと・状況って多々あると思います。

そんな中で、どうしようか迷った時はどっちが楽しいかで決めれば良いんです。

そうすると、物事は割といい方向に転がるもんですよ。

といっても、楽しいと楽は違うので、楽さえできればとか、こっちの方が楽とかそういうんじゃなくて。

 

こっちの道を選んだらこうなるかもと思ってわくわくしたり、

こうしたらああなるかもなんて良い意味で、

ポジティブな想像を膨らますことが出来る道を選ぶということです。

 



私は就職活動の時、今の職場を結局選んだわけですが、

それも、就職活動をしている時に今働いている、

この会社の雰囲気や仲間内での仲の良さなど、

私はこの環境で働けたら楽しいだろうなと思ったし、

この業界にも興味があったからです。

 

で、入社してみてどうだったかというと。

実はブラック企業で、確かに社員同士の仲は良いし、雰囲気も割と良いんです。

しかし、何せ拘束時間が長いことと、給与が約束されていた値と違ったり、

休日が異常にすくなかったりとで、結局は辞めたいなと思っているんですが、

じゃあこの会社に入社して悪かったのかというと一概にもそうではないと言えるわけで。

 

何故かというと、このようなブラック企業が実際に存在することを身を持って体験することで知ることが出来たし、自分は今の業界にそんなに興味があるわけではないことも分かったし、なにより今自分が、とある仕事をやろうとしているのですが、そのような仕事があることも、今の職場で不満を抱き他の仕事を探そうとしなければ出会うことが出来なかったからです。

 

例えば就職活動の時点で今働いている会社より待遇の良い会社で働いていたら、そこで満足していたかもしれませんしね。

これは決して負け犬の遠吠えだとか強がりだとかそんなんじゃなくて。

仮に違う会社で働いたときに、今の会社よりひどいとこってなかなかないし、

本当に良い経験をさせてもらっているなと感じます。



だからやっぱり、人生の分岐点ってたくさんあると思うんですが、その度に、頭で悩むのではなく、自分の胸に聞いてみて下さい。きっと、良い答えが見つかりますよ。

 

 

宇宙兄弟 コミック 1-28巻セット (モーニング KC)

宇宙兄弟 コミック 1-28巻セット (モーニング KC)

 

 

宇宙兄弟 名言 ⑧

今回の名言は、コミックス13巻で、ムッタの回想シーンでシャロンがムッタに教える英語で、「It's a piece of cake」という言葉です。直訳すると

「楽勝だよ」という意味です。幼いころのムッタは勘違いして、違う意味で捉えていましたが、シャロンはムッタを元気づけようとしてくれたんですね。

 

このシーンは宇宙兄弟の中でベスト5に入る名シーンだと私は思います。

人間って、ポジティブなことを考えていると不思議と良いことが起こるそうですね。

まあ信憑性の程は定かではありませんが。

ミスチルのとある歌でも、笑顔でいりゃ良いことあると思えたら、それが良いことの序章です。なんて歌詞もありますしね。

 

 

たしかに毎日ネガティブなことばかり考えているよりはそりゃあポジティブなことを考えている方が楽しいし、周りも楽しいですよね。

そうやって過ごせたら毎日ハッピーなんでしょうが、

やはりこの世知辛い世の中を生きていれば嫌なこと、苦しいこと、

逃げたしたいことなど、様々なシチュエーションがありますよね。

そんな時に、このシャロンの名言を思い出すんです。

 

It's a piece of cake 楽勝だよ。と。


例え難しいことでも、ドツボにはまるとますます難しくなります。こんなの楽勝だよ!という気概で臨むことで難しいことを楽しくやり過ごしましょう。


そういえば私は、今の職場に不満があり近々辞めるつもりなのですが、

なかなか次の職場が見つからず辞める機会を逃し続けています。

 

というのも、今の会社が、朝8:30に出社して夜の11:00に帰宅。

休みは月に5日程度。連休はありません。というより取ろうとしたら非難されます。

そんな環境なわけで、なかなか転職活動もできず、

ずるずる今の状態を続けているというわけです。

 

 

そんなこんなでブラック企業なのですが、更にブラックなのが、

私は営業で、一日100km車で移動することはザラなのですが、

なんと自分の車なのです。しかもガソリン代は、営業中に走った分だけという狂いっぷり。

 

 

ブラック企業と言うよりは漆黒の闇企業です。(笑)

コナンの黒の組織より黒い(笑)

 

 

ちゃんと入社時に説明して頂いた給料ももらっていないのに、

残業代も全く出ないのに、毎日朝早くから夜遅くまで働かされて、

この仕打ちでは、辞めたくなるのも当然ですよね。

 

 

労働基準監督署に相談しようかな。などと思うこともありますし、

最近は朝起きてから会社に行くまで、凄く気持ちが落ち込み、

ちょっとやばいんじゃないかなとすら思います。

しかしこんな時こそ

 

It's a piece of cake ですよね!

 

楽勝だよ!

 

さっさと新しい仕事見つけてこんな会社辞めてやる!

違うか!(笑)

 

 

宇宙兄弟 コミック 1-28巻セット (モーニング KC)

宇宙兄弟 コミック 1-28巻セット (モーニング KC)

 

 

宇宙兄弟 名言 ⑦

こんばんは。よひとです。

今日も宇宙兄弟の名言を紹介していきまっす!

今回は、ムッタが宇宙飛行士候補生の訓練教官であるビンスと技術者のピコとバーで飲んでいる時に、ビンスとピコに向かって言ったセリフで、

「本気の失敗には価値がある」というセリフです。

何も考えず、適当に失敗した時って、確かに何も残らないですよね。

最悪、記憶にすら残らないです。



本気ということは、一生懸命考えて、それが最善手だと思って行動していわけで。

その結果失敗したとしたら、

その結果に至ったプロセスを見直すことが出来て、

改善するために次に繋がる行動を起こすことができるかもしれませんもんね。



そういった意味で、「本気の失敗には価値がある」=「次に繋がる可能性がある」 

ということなんでしょうかね。



そういうことだと、私は思います。

また、何事にも本気で取り組むことで成果を上げることが出来る。

とも考えれますね。



ん~・・・。恥ずかしながら、この年になるまで(20代後半です。詳細は内緒(笑))そんな深いことを考えたことがなかったもんだから、



本当に小山宙哉さん(宇宙兄弟の作者さん)には感心しっぱなしです。



昔の私は本当に何も考えずその場しのぎで生きてて、将来の事とかも適当に考えてて、というかある意味考えてなかったのかな?

まあ、大学生ならまだしも小学生や中学生、高校生で将来のことなんて考えて行動出来ている人なんて少ないでしょうが。(私は大学でも何も考えてなかったし、特に何もしてないですが)

特に目標とかもなかったから・・・ですかね。なんか、だらだら過ごしてましたが。

宇宙兄弟と出会ってから、夢を持つことの素晴らしさや、夢を追うことの楽しさ、厳しさ、などなど、

深く考えるようになったし、今では夢というか、将来こうなりたいという姿が見えてきて、そこに向かって努力出来るようになったので、本当、宇宙兄弟という作品に、宇宙兄弟を生み出してくれた小山宙哉さんに「感謝」ですね。



で、やっぱり夢に向かって行動していると色んな障害などあって、乗り越えようとする度、こけたり頭を抱えたりするんですが。



そんなときにこう言った名言を思い出して、

あ~、今はこんなもんだけど、着実に、前には進んでるんだ。

夢に近づいてるんだ。

 


と、自分に言い聞かせることができるようになりましたし、どうしても辛いときなどは、また宇宙兄弟を読み返したりします(笑)



と、話が長くなりましたが、

今回も記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

宇宙兄弟 コミック 1-28巻セット (モーニング KC)

宇宙兄弟 コミック 1-28巻セット (モーニング KC)

 

 

宇宙兄弟 名言 ⑥

こんにちは。よひとです。

今回は、宇宙飛行士候補生の訓練教官ビンセント・ホールド(通称ビンス)が、

「君にとっての敵は誰ですか?」

という問いに対して、

ムッタが飲み屋(バー?)で答えたセリフで

「俺の敵は だいたい俺です」というセリフです。

うん。そうですね・・・私もだいたいそうです。

仕事頑張ろう!勉強しよう!などなど、意気込んでいる時に、甘い誘惑(漫画とか、眠気とか)に負けてしまうかとが多々あります。

それは即ち・・・自分の欲望が邪魔している=自分が敵なんですよね。

欲望じゃないにしても、自分で勝手に諦めたり、やるき失くしたりって、それは結局自分の考え方次第とか、情熱が足りてないとか、つまり自分が悪くて、他の誰のせいでもないわけですよね。例え、誰かに飲み会や遊びに誘われたりして、他人の誘惑に耐え切れずまけてしまったとしてもそれは誘惑に負けた自分が悪い。弱いんですよね。

でも私って、恥ずかしながら、けっこう人のせいにすることが多いんですよね。

だからこのセリフを読んだときに、「あ~。確かにそうだな」と。なんだかんだ悪いことが起こったとして、それは決して他人のせいではなく、

自分で事前に何かしらの対処をしてればよかったとか、何か解決策があったかもとか考えだしたら結局自分が悪いんですよね。おそらくこれを読んでいるあなたにも、思い返す節があるんじゃないでしょうか?

なかったら素晴らしい人格者です。私はこのセリフを読んでからは、出来るだけ「他責」ではなく「自責」の念を意識するようになりました。

そうすることで、例えば仕事で上司に怒られた時なんかにも、「すみません!私があのとき〇〇〇×××」なんて感じで謝ると

向こうも「お、おう・・。」みたいにまんざらでもない様子で、機嫌が良くなって解放されることも増えました。

以前は上司に色々言われたら、「でも・・・」とか「だって・・・」とか言い訳を先に話してたのですが、

言い訳したり逆らったりすると10倍返しなんですよね、基本。そしてまたその言い訳に対する説教が長いものだから、悪循環に陥ってしまうんですよね。

なので、このように「自責」の念と言うか、「私が悪い」(一概にそうじゃない場合もあるとは思うけど)という考え方を持つと、相手の反応も変わるし、

意外と物事は良い方に転がりますよ。もしあなたが職場でめんどくさい上司や同僚、又は部下がいたら試されてみてはいかがでしょうか?

では、今回も記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

宇宙兄弟 コミック 1-28巻セット (モーニング KC)

宇宙兄弟 コミック 1-28巻セット (モーニング KC)

 

 

宇宙兄弟 名言 ⑤

こんにちは。よひとです。

さて今回は、コミックス11巻でムッタが宇宙飛行士候補生たちの基礎訓練の一環として行われる、カムバックコンペティション’26(キャンサット(空き缶サイズの超小型衛星)の打ち上げ大会)に参加するのですが、その材料を予算目一杯使って買おうとするケンジに向かって

「けっこう贅沢な素材をふんだんに使ってるんだよこれ」「これだと失敗できない」

と言うムッタに向かって新田が「やけに消極的だな」と言うのですが、それに対してムッタは「モノ作りには・・・失敗することにかける金と労力が必要なんだよ」と言いい、この後言い放つ言葉が名言なのです!

「いい素材使っているもモノがいいモノとは限らねえんだ だけど」

失敗を知って乗り越えたモノなら それはいいモノだ

読んだとき、おおおおおお!

なるほど確かに!!!

と、思わざるを得ませんでした。

人生、生きてれば失敗したり、挫折したり、諦めたり、悩んだりすることが往々にしてありますよね。

長~く生きてればその分それは多いわけで。

でもその経験を生かすことで次に繋がるんですね。

失敗したなら、何故失敗したのか。改善するにはどうしたら良いか。そう考えて行動することで

その次に同じことに直面した時は、結果は変わってきますよね。たとえまた失敗したとしても、また何故失敗したのか。改善するにはどうしたら良いか。そう考えることを繰り返すことで成功に近づいていくんでしょう。挫折した時も然り。

自分はなぜ挫折したのか。その理由を知って前に進めば、同じ挫折を味わうことは無いでしょう。

諦めたり悩んだりもそう。その経験の理由・背景を知り、対策を練り、次に繋げることが重要なんですよね。

要は、初めから何でも出来る完ぺきな人間なんていない。

誰しも失敗・挫折・苦悩などなどの経験を得て、そこから何かしらの理由を学び、

次に繋げることが出来る人・又はその失敗を生かしたモノが、いわゆる「出来る人」「成功した人」・「良いモノ」なんて呼ばれるんでしょうね~・・・。

そう考えると、私は全然「良いモノ」じゃないな~(笑)

色々失敗を重ねてきたけど、乗り越えずにほったらかしてきたもんな~。

今度からは、「失敗を知って」「乗り越える」ように努めてみようかな。

いや、努めます!!(笑)

この記事を読んで下さっているあなたも、もし何かに失敗したりして凹んでいたら

「失敗を知って乗り越えて」次に生かせたら良いですね!

では、今回も記事を最後まで読んで頂きありがとうございました!!

 

 

宇宙兄弟 コミック 1-28巻セット (モーニング KC)

宇宙兄弟 コミック 1-28巻セット (モーニング KC)