読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春夏秋冬の旬な「オススメ」を紹介していくブログ

春夏秋冬、一年中イベントだらけです。このブログでは旬な情報を発信し、春夏秋冬を楽しんで頂くためのブログです(*^^)

宇宙兄弟 名言 ①

宇宙兄弟は、名言の宝庫なのですが、今回は1巻で出てくる名言(と、私が思うもの)を三つ挙げていきますよ~!!

まず、ムッタが無職になってしまい、色々な仕事を転々とする中で、弟ヒビトと母の粋な計らいにより、

JAXAの「宇宙飛行士選抜試験」の1次審査に合格するも、

自分なんかが受けたってどうせ落ちると投げやりというかいじいじしているムッタに向かってシャロンが言った言葉

「今のあなたにとって・・・一番金ピカなことは何?」

です。

金ピカ・・・。

光って輝いているもの。

一等賞。

価値のあるもの。

色んなことを想像できますが、

シャロンはムッタに、色々悩むより、とにかくあなたが本当にやりたいこと。

魅力を感じることは何?何をしたいの?

と問いかけているんでしょうね。

このセリフを初めて読んだのは自分が大学生の頃ですが、

社会人になった今また読むと、すごく味わい深い言葉だなと感じます。

今は正直、仕事を淡々とこなしているだけですが、自分がやりたかった仕事ってこれなのかな?

昔思い描いてた自分になれてるかな?と思わずにはいられないです。

次の名言(と私が思うもの)は、このセリフを言った後、シャロンが言った言葉です。

「音を出さなきゃ 音楽は始まらないのよ」

です。

そりゃそうだろって思う方もいらっしゃるかと思いますが

じゃあ、他の事に当てはめた時、どうなんですかという話です。

要は、やってみないことには、良くなるかも悪くなるかも分からないよということですよね。

でも、実際に例えば会議なんかで発言を求められたときに、

「こう言ったらどうなるかな。どう思われるかな」

なんて考えて、結局思ったことを言えなかったりってあったりするんじゃないでしょうか。

でもそんな時、実は同じ考えを持っている人もいるかも知れないし、

逆にすっごいアンチな考えを持っている人もいるかも知れない。

でも発言しないことには分からないんですよね。

もしくはやってみないことには分からないんですよね。

そういうことがこの一言に込められているのかと思うと、凄いセリフだなと。読み返す度に改めて思う訳です。

最後に一つ。

ムッタが1次試験に合格して、思わず走り出して、外でトランペットを吹きながら頭の中で言う言葉

「メロディなきメロディを奏で 道なき道へ行こう そこに俺にとって1番の金ピカがあるのだ」

要は、「とにかくやってみる」「道が無くても進んでみる」「そうすることが自分にとって一番ベストな選択につながるんだ」

と、そういうことなのかなと。

このセリフも、読むたびに色々考えさせられますね・・・

①巻で、三つも名言出ちゃいましたね(笑)

さすが、名言の宝庫です!

今後も、随時名言(と思ったもの)を紹介していきます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

宇宙兄弟 コミック 1-28巻セット (モーニング KC)

宇宙兄弟 コミック 1-28巻セット (モーニング KC)